勇者に改心の一撃を!

「勇者に改心の一撃を!」シリーズですじゃ!

〇あらすじ
人間と魔族が仲良く暮らす世界セルリタ。
小さな村に住む少年「ラルフ」は幼いころより何度も不思議な夢を見ていた。
ある朝、彼の元に訪問者が訪れるところから世界を大きく揺るがす物語は小さく動き始める。
ラルフと風変わりな仲間たちの冒険が今始まる!

勇者に改心の一撃を!

第9話 セルリタの魔王様

村を出発した俺たちはまず、リンのいたブコの村を目指し北へ移動した。 ブコ村はラントリールからさほど離れてはいないため、日が暮れるころには着くことが出来た。 「ここがあたいの村、だよ」 「これは・・・ラントリールとは比べ物になら...
勇者に改心の一撃を!

第8話 再開と新たな旅立ち

俺たちは王都カラストルを後にした。 王都から森までの間は道なりだったので、すんなりと進むことが出来た。 その間に国王の部屋から拝借した『村人の常識』を読んでみた。 書かれている内容はゲームの中での村人の役割や立ち振る舞いについてで...
勇者に改心の一撃を!

第7話 新たな門出に誓いの拳を

路地裏でうずくまっている俺に声をかけてきたのは同じくらいの年の少女だった。 「えっ、えーとぼ、俺はラルフ。 君は?」 「私はアオイよ」 「アオイ? どこかで聞いたことがあるような・・・君はこの街の人?」 「まぁそう...
勇者に改心の一撃を!

第6話 彼らの記念日

静まり返った国王の部屋。 アムラウスが口を開く。 「さっきコウイチ達にかけてる魔法"シンクロ"はキマイラにもかけてるんだ。 コウイチ達は僕があげた服や武器の中に、キマイラは体の中に魔法を施した宝石を仕込んであるんだよ。 この魔法...
勇者に改心の一撃を!

第5話 少年たちの出会い

「これが王都・・・凄い・・・」 王都の門をくぐり中に入った瞬間。僕は思わず声に出してしまっていた。 ラントリールの村よりも遥かに大きい建物と数え切れないほどの人の数、 右を向いても左を向いても人がいて、皆の話し声が絶えず飛び交って...
勇者に改心の一撃を!

第4話 深夜の襲撃者

検問所を抜けた先は険しい道が続いていた。 今までのように一本道だけではなく途中で分かれ道もあり、ファイスさんの道案内が無ければ間違いなく道に迷っていたと思う。 王都への道すがらファイスさんと色んな話をした。 ファイスというのは兵士...
勇者に改心の一撃を!

第3話 目指すは王都

翌日 僕は出発前に村唯一の武器屋、ジャックおじさんの店で装備を揃えることにした。 「おじさん! おはよう!」 「朝から早いなラルフ! もう出発かい?」 「うん、善は急げだからね。 それで何か護身用になる武器とかって...
勇者に改心の一撃を!

第2話 旅立ちは突然に

悪夢のような出来事があった翌日、 村長から村の広場に集まるように言われた。 広場行くと、村中の人々が集まっていて皆固く口を閉ざし静まり返っていた。 それもそのはずだ。 昨日の偽勇者たちは、僕の家の他にも村中の家を荒らして回っ...
勇者に改心の一撃を!

第1話 勇者が村にやってきた

ある朝 僕はドンっ!という乱暴な音で目を覚ました。 「一体何!?」 僕は慌てて音がした家の入り口に向かっていく。 「なんですかあなたたち! 辞めてください! 勝手に入ってこないでください!」 近くまで行ってみると見...
勇者に改心の一撃を!

プロローグ

僕は、白い壁で囲まれた部屋の真ん中でベットに横になっている。 隣には顔はよく見えないけど不思議と懐かしい感じがする女の人が座っている。 目が合うと彼女は僕に微笑みかけ、優しいゆったりとした口調で本を読み始める。 それは、遠...