私はなぜバーチャルYouTuberを続けられているのか③

皆さんどうも!

今回は「私はなぜバーチャルYouTuberを続けられているのか③」最終回は発展途上の世界だからのご説明をしたいと思います。

これに関してはその言葉の通りで発展途上の世界だから色んなことが起きて毎日楽しくて飽きないのです。

私が今まで関わってきたいくつかの界隈は皆発展しきった場所でした。
たまに何かのきっかけで新規の人が大量に参入してきても根本的には何も変わらず、変化のないところが多かったです。
中には古くからその世界にいる人と知り合いにならなければまともに活動ができないというところもありました。
閉じてしまった世界がとても多かったのです。

しかし、閉じることが悪いことではないと思います。
ある程度決められたルールの中でマナーを守れる人たちとでなければ気持ちよく活動できないというのがあり、むやみに外部から人を連れてきても混乱を招く可能性があるからひっそりといつものメンバーで活動するのは正しい判断だと思います。
ただ、私個人としてはどうしても物足りなくなり飽きてしまうことがあり、その空気には馴染めませんでした。

そんな私にとってVtuber界隈というのは楽しくて飽きないところなんです。
VR技術等とも密接なかかわりがあるからこそ毎日のように新しい技術や物が生まれ浸透していく…これを間近で見れるのはとても新鮮で刺激的です。
私がデビューした2月上旬のころにはなかったり知られていなかった便利なツールや技術が今はたくさんあります。
まだまだ発展途上であり人がたくさんいるからこそ、問題やいざこざ等もたくさんあります。
ただ、そういったマイナス面の事は今まで私がいた界隈で飽きるほど見てきました。
なので私にとっては凄いショックを受けることではありません、それよりも目新しい技術や文化の方が新鮮で興味を惹かれます。

三回にわたり長々と書いてきましたが、結論としては
「自由に活動できて楽しくて飽きないから辞めない!」です。

最後まで見てくださりありがとうございました。

コメント